小顔は遺伝するといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、遺伝します。 100パーセント遺伝するという訳ではないですが、小顔の人同士の子供は高確率で小顔だと思ってください。 逆にいうと、顔が大きな人同士の子供は小顔の可能性が低いです。 親の骨格は子供に遺伝するため、片方が小顔だとその骨格が子供に遺伝する可能性があります。 そのため、もし、小顔の子供を産みたいなら、小顔の異性と結婚するというのが大切になってきます。 ただ、遺伝が全てという訳ではありません。 小顔かどうかには、食生活も非常に大きく関係しています。 たくさん食べるような親に育てられた場合、当然、太ってしまう可能性が高いです。 その結果、顔にお肉がついて大きくなってしまうことがあります。 また、運動をしない家庭で育った子供は運動嫌いになる可能性が高いので、同じように顔が太りやすいです。 つまり、顔の大きさには遺伝だけではなく、その家庭の生活環境も関わっているということです。